息子が母を女として、母が息子を男として見てしまう…。そのきっかけは何だったにしろ禁じられていると判っていても惹かれあう二人。二人が堕ちていく先に待ち構えるものは…。

 

●シリーズ:母子交尾
●メーカー:ルビー

 

母子交尾シリーズ動画作品紹介

 

母子交尾 【芦野路】 北川礼子

 

 

礼子は雄也を女手一つで育ててきた。社会人になった雄也は自分で貯めたお金で、礼子に今までの感謝の気持ちを込めて温泉旅行をプレゼントした。しかし雄也は礼子を異性として好きになっていたのだった。この旅行は雄也にとって想いを告白する決意の旅だった。

 

 

母子交尾 【那須高雄温泉路】 今泉佐保

 

 

佐保は5年前に夫を亡くしたが、社交的な性格で今では新しい恋人がおり再婚も考えていた。佐保には同居する40歳の息子の信一がいた。親子仲は悪くはないのだが、自堕落な生活を送る信一には早く自立して、家を出てほしいと思っていた。初秋になり二人は温泉旅行に出かけた。本来なら佐保の恋人と行く予定だったが、急遽行けなくなり、代わりに息子を連れて行った。その旅行が二人の運命を大きく変えることになるとも知らずに。

 

 

母子交尾 【日光明峰路】 遠田恵未

 

 

信一は40過ぎのサラリーマンで妻子もいるが、母・恵末を女性として意識していた。きっかけはネットの書き込みだったが、それを読んで以来恵末に対する性的欲求は肥大化の一途を辿った。ある日、恵末に正直に打ち明けたところ「家ではない場所で、一度だけなら」と応えたのだった。

 

 

母子交尾 【会津田島路】 水上由紀恵

 

 

由紀恵が25歳の時に出産したのが志朗だった。女手一つで育てたが、志朗は大学を卒業してもアルバイトを続け、就職のそぶりを見せずにいた。志朗には女っ気もなく、それどころか友達すら連れてきたことはなかった。それもそのはずで、志朗は母親の由紀恵に性的な感情を抱いていたからだった。それに気づいた由紀恵は腹を割って話そうと、志朗を温泉旅行に誘った。

 

 

母子交尾 【久慈川路】 並木塔子

 

 

夫と離婚をし、塔子は女手一つで悠岐を育ててきた。不憫な思いをさせまいという一心で必死に働き、大学に入ってからも学費のために一生懸命働いた。悠岐が就職する時期になり、子育てがひと段落すると同時に虚無感に見舞われるようになった。そんな折、悠岐から温泉旅行の誘いを受け、二人だけの卒業旅行に出発するのだった。

 

 

母子交尾 【南会津昭和路】 内原美智子

 

 

美智子が学生時代に信一が産まれた。卒業後に夫とともに起業したが、仕事が忙しく信一と過ごす時間が少なかった。反面、一緒の時はひたすらに溺愛し、信一も甘えていた。しかしその関係は信一が成人しても続き、いつしか体の関係を持つようになった。家の中では父の目あるので、美智子と真一は二人だけで旅行に出かけた。ここなら誰の目も気にならない。

 

 

母子交尾 【中禅寺湖路】 卯水咲流

 

 

歳をとってもずっと変わらずキレイなままでいた母・咲流と息子・悠岐は性的関係を持っている。夫の目を盗んでの行為をやめたい咲流だが、一方ではセックスレス状態の夫よりも悠岐との関係をカラダが求めていた。

 

 

 

関連記事