●シリーズ:憧れの女上司と
●メーカー:タカラ映像

 

憧れの女上司とシリーズ動画作品紹介

 

憧れの女上司と 伊東沙蘭

 

 

厳しい上司と噂の伊東さんと二人で出張となった。同僚はあの人怒らせると怖いぞとか言っていたが、僕からすると筋の通った上司、憧れの人だった。商談も上手く行き大口契約も取れたが、帰りの電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は伊東さんと一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく伊東さんに僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は伊東さんを抱きしめていた。伊東さんは驚き、少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄りあい二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求めあった…。

 

 

憧れの女上司と 菊市桃子

 

 

僕の直属の上司、菊市さん。優しく厳しく僕に指導してくれる。周りの同僚は彼女の事を怖いと言っているが、僕は全然そうは思っていなかった。僕が上手く仕事をこなした時はとても嬉しそうに喜んでくれるし、失敗した時はすごく怒った後、優しく慰めてくれたりした。僕はそんな菊市さんが上司として女性として大好きだった。そんなある日の事、二人で日帰り出張に行く事になった。なんだかんだと仕事をこなし帰宅と思っていたが運悪く電車が動いておらず帰るに帰れなくなってしまった。仕方なく宿を探すがどこも空いておらず、やっと見つけた旅館の空室は1部屋。僕たちは二人同室で泊まる事になってしまった。食事をしお酒を頂きながら僕は菊市さんに愚痴をこぼしていた。少し酔った菊市さんはいつもの優しい眼差しで僕をみていた。菊市さんは大丈夫よと手を握ってくれた。僕は今までの想いが一気に溢れて来て、彼女に告白すると抱きキスをした。一瞬狼狽えた菊市さんだったが、僕を受け入れてくれた。その後の事はうろ覚えだが、朝起きた時、昨日の事が夢ではなかった事がわかった。僕は菊市さんのキスで目が覚めた。そしてそのままお互いの愛を確認し合うように抱き合い、カラダを求め合った...

 

 

憧れの女上司と 武藤あやか

 

 

今月は恒例の残業の多い月…でもそんな僕の隣には憧れの武藤さんが…やっとこ仕事も片付いたが今日も当たり前に終電が無い…何故か話の流れで会社で飲む事に…酔って寝てしまう武藤さんにタマラズ触ってしまう僕…それから気まずい時間を過ごしてまた今日も残業…え?今日も会社で飲むんですか?

 

 

憧れの女上司と 並木塔子

 

 

お姉さんのように優しく厳しく僕を指導してくれる上司並木塔子さん。僕はそんな並木さんに淡い恋心を抱いていた。ある日地方出張へ並木さんと二人で行くことになった。商談は順調に進み、後は帰るだけとなったが、電車が動かず、仕方なく僕達は宿を探すことになった。やっと見つけた宿は1部屋しか空いておらず、相部屋となってしまった。宿が用意してくれた夕食を頂きながら並木さんと話しをする。お酒も入ったことで僕は玉砕覚悟で並木さんに告白してしまった。困った顔の彼女も素敵で僕は彼女を抱きしめ口付けし、僕達は結ばれた。お風呂から上がり、浴衣姿の塔子さんがお酒を勧めてくれた。そろそろ寝ようと寝床に入ると塔子さんが潤んだ瞳で見つめていた。彼女は僕の布団に潜り込むと、僕に悪戯をし始め、僕達は再び肌を重ねた。翌朝、僕は塔子さんのキスで目が覚めた。昨日の事が夢でないと実感しつつ、幸せな気持ちで塔子を抱きしめていた...身支度を整え宿を後にする。塔子さんは自然に僕の手を握り、僕もぎゅっと握り返した。塔子さんは会社で見せていた笑顔とは違う微笑みで僕を見つめ、僕は幸せをかみしめていた...。

 

 

憧れの女上司と 冴木真子

 

 

上司冴木さん同伴で営業回り。なかなか成果を上げれず落ち込んでいた。冴木さんはそんな僕に優しく励ましてくれ、飛び込みで入った旅館でなんとか結果を残せた。冴木さんと二人良かったと笑いあいさあ帰ろうとした所、旅館のご主人が既に終電は終わっていると教えられた。途方にくれる僕たちにせっかくだから泊まっていけ安くするよと言われ、僕たちはご主人の行為に甘え泊まることになった。食事は豪華でお酒を飲みながら今日の反省をしていた。冴木さんがする駄目出しだが、憧れていた冴木さんと二人きりという状況が嬉しくて、僕は冴木さんをずっと見つめていた。それぞれ風呂に入り、寝床へ。しかし寝付けない。冴木さんに声をかけると彼女も又寝れないようだった。僕は話の流れから、冴木さんのことが好きですと告白してしまった。そして僕たちは体を重ねあった。翌朝、僕は冴木さんのキスで目が覚めた。微笑む彼女に僕は唇を重ねた…。

 

 

憧れの女上司と 郡司結子

 

 

厳しい上司と噂の郡司さんと二人で出張となった。同僚はあの人怒らせると怖いぞとか言っていたが、僕からすると筋の通った上司、憧れの人だった。商談も上手く行き大口契約も取れたが、帰りの電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は郡司さんと一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく郡司さんに僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は郡司さんを抱きしめていた。郡司さんは驚き、少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄りあい二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求めあった...

 

 

憧れの女上司と 松ゆきの

 

 

僕の上司はお姉さん的な存在の松さん。いつも笑顔で僕に優しく接してくれる。僕の憧れの存在だった。今日は仕事が立て込んでしまい、松さんと残業する事になってしまった。仕事が終わったのはいいが終電の時間も過ぎていた。すると松さんが仕方がないから酒でも買ってこいと言い、僕はコンビニへ。お酒が進み、話は僕の彼女の話題に。実はしばらく前に僕は彼女と別れていて、松さんに別れた原因を追及されてしまった。理由が恥ずかしかったので答えをはぐらかしていたのだが、押し切られ僕の性欲のせいだと答えた。僕は何度も彼女に求めてしまい、彼女に愛想を尽かされた。そう言っているうちに松さんは酔っ払って寝てしまった。僕は水を飲みに席を立ち戻ってくると、松さんはスカートがはだけたまま寝ている。僕はつい出来心で彼女にキスをした。彼女のいい匂いに興奮した僕は服の上から愛撫を繰り返した。が、ふと我に帰り、彼女に上着を掛けた。次の日僕は松さんの顔をまともに見れなかった。そして数日して、また松さんと残業をすることになってしまい...

 

 

 

関連動画記事